Macを安心して売るために、初期化する前にやるべきこと3つ

MacBook AIr

「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル Late 2013」を購入したため、これまで使っていた「MacBook Air Mid 2013」を友人に受け渡すことになった。今までどうもありがとう!

それに伴い、Macの内部データを削除して受け渡せる状態にしなければならないのだが、ただ「ディスクユーティリティ」でフォーマットするだけでは不十分。実はその前にやるべきことがあるのだ!

Macを安心して売るために、初期化する前にやるべきことが3つあるので紹介しておく!

1. iTunesの認証解除

todo-before-selling-your-mac-1
【img via @arkmarou

Macを受け渡す前に忘れがちなのはMacのiTunes認証解除。1つのiTunesアカウントで認証できるMacの台数は最大5台。受け渡す時は自分のiTunesアカウントを認証解除しなければ、後々その1台だけ認証解除したくてもできない。

todo-before-selling-your-mac-2
【img via @arkmarou

とにかく忘れがちなので、何よりも先にiTunesの認証解除は行うようにしよう。

2. Time Machineでバックアップ取得

「あのデータ、売り払ったMacのデスクトップに保存してた…どうしよう…」と嘆いていも、それはもう後の祭り。万が一のことを考えて、バックアップは確実に取得するべし!

最近はハードディスクが大容量で低価格なので、Time Machineバックアップを取っていない人はこの機会に取るべし!

ちなみに僕が使っているのは「WD My Book Studio 2.0TB」FireWire800で接続して活用している。

WD My Book Studio 2.0TB (Mac用 TimeMachine対応 / FireWire800&USB2.0接続) WDBC3G0020HAL-JESN
WESTERNDIGITAL (2011-06-17)
売り上げランキング: 13,012

3. iCloudからサインアウト

todo-before-selling-your-mac-3
【img via @arkmarou

意外と見落としがちなのがiCloudからのサインアウト。システム環境設定にある「iCloud」をクリック。左にある「サインアウト」をクリックすると次々と確認画面が表示され、iCloudデータがMacから自動的に削除される。「Macを探す」を有効にしている場合は、まず先にそれをオフにしてからサインアウト作業を進めるべし。

todo-before-selling-your-mac-4
【img via @arkmarou

ちなみに、あくまでも操作しているMacからデータが削除されるだけであって、iCloudからデータが削除されるわけではないのでご安心を!

ここでようやくディスクユーティリティを使って初期化

上記3つが完了したら、ようやくディスクユーティリティを使ってMacを初期化することができる。データを削除するためにしっかりとSDD/HDDを初期化した上で、「Mac OS X」を再度インストールしましょう!

Macを安心して売るために、ディスクを初期化するだけでは不十分。今後手元のMacを売る予定がある人はチェックしておくべし!

Mac OS Xのセーフブートを定期的に実施して様々なキャッシュをクリアしよう!

Macで個別ウィンドウのスクリーンショットを撮るためのキーボードショートカット

今更聞けない、Macで変換候補の全角・半角を切り替えるキーボードショートカット

iTunesで大量の重複曲を「簡単に」「効率良く」「徹底的に」一括削除する方法

(via Apple Support