ドコモ、Twitter連携サービスを発表、公式アプリも提供予定

ドコモがTwitter連携サービスを提供する発表した

NTTドコモ(以下ドコモ)は、Twitter, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ディック コストロ、以下ツイッター)の提供するツイートTMをドコモの各種アプリケーションに活用することを含む戦略的提携について、契約を締結いたしました。

今後ドコモはツイッターTMの特性を盛り込んだ先進的なサービス開発について検討を進め、ツイートによるコミュニケーションのさらなる発展とともに、ドコモならではのサービス提供を推進してまいります。同開発は、iモードケータイとスマートフォンの双方において進め、準備が整い次第ツイッターアプリをプリインストールいたします。

ドコモが発表しているサービス例は今のところ2つある。一つは検索結果にTwitterのリアルタイム検索が表示されるようにする取り組みで、2011年夏までにガラケー対応、2011年冬までにスマートフォンを対応させる予定。ガラケーはまだいいとして、スマートフォンの検索結果にTwitterを反映する、というのはドコモマーケットの中に反映するつもりなのだろうか。謎。

それよりも、面白いのは二つ目の取り組みである公式アプリの提供。これはガラケー向けになるのだが、互いのケータイをかざしあってお互いをフォロー出来る「タッチ&フォロー機能」が盛り込まれているらしい。Twitterが相互関係を前提としたサービスではないという前提を無視した取り組み方であることには違いないが、ガラケーのハードウェアを活かした、良くも悪くもドコモらしい提案である。

twitter
【img via docomo

(via docomo

もっと読むモバイルまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン