「AirPodsの充電ケースの電池消耗が激しい」問題、ペアリングのリセットで改善する場合も

Apple Wireless Earphones AirPods Review

「AirPods」は電池持ちが素晴らしいイヤホンだ。音楽を聴くというよりは楽しむためのイヤホンだが、もたらしてくれる音の体験は快適そのものだ。

本来はイヤピース単体で5時間、充電ケースと併せて使うと24時間使い続けることができる「AirPods」だが、充電ケースの電池が想定よりも大幅に早く減ってしまうという不具合が一部で報告されていた。

この続報として、一度ペアリングを解除(Bluetoothから「AirPods」を選び、「このデバイスの登録を解除」)し、再度ペアリングをすることによって公称値通りの電池持ちになるという情報が報告されている。いわば、ソフトウェアリセットの実行で元通りになるというのだ。

次期ソフトウェアアップデートで修正される可能性も?

この対処法で改善すると報告している人もいれば変化がないという人もいるが、充電ケースの電池持ちが悪いと訴えている人は以前よりも徐々に目立ってきている模様。

Appleはこの問題について特にコメントをしていないが、過去に「Apple Pencil」の操作性を無言でソフトウェアアップデートで向上していたことから、「AirPods」も何も言わずにシレッとソフトウェアアップデートで対応する可能性がある。

ソフトウェアアップデートと言えば「iOS 10.3」の噂が報じられていた。

幸いにも僕は公称値通りの長い電池持ちを体験できている。次期アップデートで「AirPods」の充電ケース電池問題は改善されるのだろうか。

Apple公式サイトで「AirPods」をチェック!

(via MacRumors