【レビュー】「Yell Acoustic WINGS」ーー装着感が快適なスポーツ用完全ワイヤレスイヤホン

Winds Yell Acoustic Bluetooth Earphones 01

AppleがiPhoneからヘッドホン端子を廃止して以来、ワイヤレスイヤホンやヘッドホンは一大ブームに。さらに、「AirPods」の登場により、完全ワイヤレスイヤホンも人気に。

僕もこれまで様々な製品を試してきているが、今のところの見解としては完全ワイヤレスイヤホンはスポーツをする時に最適。特に激しい運動をする時はコードが邪魔にならずにとても快適である、ということ。

最近試していたのは、「Yell Acoustic WINGS」というスポーツ用としての使用用途を意識して作られているであろう完全ワイヤレスイヤホン。1台サンプルとして提供していただいたので、紹介する!

フィット感が魅力、運動中に使っていても不快感がない

Yell Acoustic WINGS」の特徴は、このケースとイヤホンの形状だろう。
Winds Yell Acoustic Bluetooth Earphones 03

他の完全ワイヤレスイヤホンと比較すると大きい部類に入り、ポケットの中に入れていても存在感がある。
Winds Yell Acoustic Bluetooth Earphones 07

イヤピースはマグネット式となっていて、ケースから取り出すと自動的にペアリングモードに切り替わる。ペアリングを済ませておくと、取り出した瞬間にペアリングが開始され、ケースに戻すとペアリングが解除され電源が切れる仕組み。
Winds Yell Acoustic Bluetooth Earphones 06

装着およびペアリングに成功すると、身につけたイヤピースによって左耳から「left channel」、右耳から「right channel」と音声ガイドが読み上げられることには驚いた。左右の耳、どちらに装着しているのか分かるのか、と。

この仕組み自体は非常に快適なのだが、僕が不器用なのか、成功確率は非常に低く、音楽が流れっぱなしで電源が切れていないことが何度もあった。何も意識せずにピタッとハマるのがベストだが、気をつけてケースに戻せば問題ないはず。
Winds Yell Acoustic Bluetooth Earphones 02

ケースの蓋は柔らかい素材が使われている。なかなか斬新だが、スポーツ用として使うことを考えると、この蓋のようなグリップ感のある素材は個人的に使い勝手が良い。
Winds Yell Acoustic Bluetooth Earphones 05

ケース内部には電池残量を確認するためのボタンと、電池残量を示す4つのLEDライトが用意されている。イヤホン単体では連続で3時間の音楽再生に対し、ケースを使って充電すれば合計で最大12時間使用可能。
Winds Yell Acoustic Bluetooth Earphones 04

こちらがイヤピース。IPX5の防水仕様となっていて、シュッとした形が耳にハマりやすく、個人的に愛用している「Bose SoundSport Free」に匹敵する付け心地が実現されている。僕の場合は比較的タイトなフィット感ではあったが、激しい運動をする時はむしろこれぐらいがちょうど良いかもしれない。
Winds Yell Acoustic Bluetooth Earphones 08

イヤホンにはボタンが用意され、音楽の再生や一時停止は一度押し、通話や終話は左のボタンを押して操作する。残念ながら曲送り・曲戻しの操作には対応していない。

ノイズキャンセリング機能などはないが、遮音性は比較的高く、屋外で使用する場合は音量の上げすぎに注意した方が良さそうだ。

音質、接続性、完全ワイヤレスイヤホンとしての魅力

音質は想像していたよりも聴きやすく、安易にベースをブーストしている安価なイヤホンとは異なり、ポップスやロックなど僕が主に聴いている楽曲との相性は良かった。仕様によると、7mmのマイクロネオジウムスピーカードライバーを搭載していることにより、バランスの取れた音質を実現しているとのこと。

接続性に関しては「FPCアンテナ」の採用によって安定性が向上し、「Bluetooth 5」によってデータ転送能力が上がり、理論上は非常に接続性能が高いことになっているが、僕の場合、安定している時と安定しない時の差があり、その安定性を体感できているとは言い切れない。

iPhoneを目の前にして使っていてもブツブツ切れることがあったため、一度ペアリングを解除し、再度ペアリングしたことによって安定した、ということが何回かあった。

結果としては、接続性に関しては他の完全ワイヤレスイヤホンとそれほど差がない、という結論に至っている。

それでも運動用としての完全ワイヤレスイヤホンとして「Yell Acoustic WINGS」は良い製品だ。好みの音質で、デザインもスポーティ、防水仕様でジムで汗だくになりながら使っても問題なく、電池持ちも良い。ケースのサイズ感は気になるが、ジムで使う分にはジム用のカバンに放り込むだけなので問題ない。

価格も1万円を下回るので、比較的リーズナブル。2018年以降のiPhoneにもヘッドホン端子が復活することは無さそうなので、完全ワイヤレスイヤホンデビューを検討している人は候補として検討してみるべし!

「Yell Acoustic WINGS」の製品仕様

形式 カナル型
ドライバーユニット ダイナミック型
ドライバー径 7mmドライバー
インピーダンス 16 Ω
感度 94dB/mW
再生周波数帯域 20Hz~20KHz
バージョン Bluetooth 5
対応コーデック SBC,AAC
Bluetooth対応プロファイル A2DP/HFP/HSP/AVRCP/SPP
ワイヤレス通信距離 10m以上
防水機能 IPX5
マイク感度 -42dB
バッテリー 50mAh リチウムポリマー電池×2
充電電圧 5V / 40mA
充電時間 約1~1.5時間
最大待機時間 約20日間
最大連続音楽再生時間 約2~3時間
最大連続通話時間 約3.5時間
サイズ(イヤホン本体) 約 29×26×23mm
重量(イヤホン) 5g(片方)
重量(充電ケース) 約 75×36mm
重量(充電ケース) 約76g(イヤホンを外した場合)
バッテリー 650mAh リチウムポリマー電池