「Galaxy S8」、バーチャル・アシスタント「Viv」を搭載か

Galaxy S8 Concept

SamsungはSiri生みの親である「Viv Labs」を買収した。買収額などは明らかになっていない。

Reutersによると、Samsungは「Viv」を次期フラッグシップモデル「Galaxy S8」に搭載することを明らかにしたと報じている!

スマホに搭載、その他家電やウェアラブルにも搭載へ

SamsungスマートフォンにVivを採用し、その後、家電やウェアラブルにも展開する予定。具体的にどのようなサービスが利用可能になるかは明言を避けた模様。ただし、サードパーティ製のサービスも利用可能になるとのこと。

Samsungと言えば、先日、「Galaxy Note 7」が爆発する事故が世界中で報告され、生産を停止。その後、洗濯機の爆発事故によるリコールも発表。まさに泣きっ面に蜂状態だ。

Samsungにとって「Galaxy S8」は極めて重要なスマートフォン。失った信頼を回復させるためには「Galaxy Note 7」以上に魅力たっぷりのデバイスでなければならない。

近年、人工知能技術の重要度は増している。AppleはSiri、Googleは「Google Assistant」、Amazonは「Alexa」に注力し、既存製品とのシームレスな連携や音声による操作を実現するために日々開発を進めている。

SamsungがVivを買収したことによって「Galaxy S8」がどのようなことをできるようになるのかは気になるところ。少なくとも爆発しないようにしてもらえれば……。

(via MacRumors