「Galaxy S9」、”より高度”な「アニ文字」の類似機能を搭載か

Galaxy S9 Renderings

Samsungの次期フラグシップモデル「Galaxy S9」は、「iPhone X」の「アニ文字」に類似した機能を搭載するETNewsが報じている。

具体的な名称は明らかになっていないが、Appleのとくらべて”より高度”であると伝えられ、「アニ文字」を上回る機能であることが期待される。作成したコンテンツをシェアできる機能も備わっている模様。

顔認識機能「Intelligent Scan」に対応か

VentureBeatによると、「Galaxy S9」は顔認証と虹彩認証を組み合わせた「Intelligent Scan(インテリジェント・スキャン)」機能を搭載すると伝えている。従来はそれぞれ独立した機能として存在していたが、組み合わせることによってセキュリティが向上し、明所暗所での認証精度が改善されると予想される。

「Intelligent Scan」はアプリやウェブサイトでで認証する際に利用できる見通し。顔認証と虹彩認証は廃止されるわけではなく、それぞれもオプションとして残るとのこと。

言ってしまえば、「Face ID」に虹彩認証を加えたような機能のようだ。

これらは「Samsung Galaxy Note 8」向けに配布された「Android Oreo」のベータ版のAPKから判明。不思議なことに指紋認証に関する情報がなく、「Intelligent Scan」は指紋認証を置き換える存在になるかもしれない。

「アニ文字」や「Face ID」の類似機能を搭載する「Galaxy S9」および「Galaxy S9+」は月25日に発表すると見られる。

(via 9To5Google

あわせて読みたい