「Galaxy S6」は画面の両端が湾曲した「デュアル・エッジ・ディスプレイ」を採用か?!

Galaxy note edge


【img via Samsung Galaxy Note Edge by pestoverde

Appleに対して常に対抗心をメラメラさせながら新製品を投下しているSamsung。「iPhone 6 Plus」ユーザーとしてもやはり「Galaxy S6」はなんだかんだで気になるのだ。

どうやら「Galaxy S6」は非常に斬新な端末になりそうだ。phoneArenaによると、「Galaxy S6」は画面の両端が湾曲した「デュアル・エッジ・ディスプレイ」を採用する可能性があると報じている!

「Galaxy S6」はやはり大幅なデザイン変更を実施か?!

「Galaxy S6」はコードネーム「Project Zero」と呼ばれている。名前の通り、ゼロから作り上げるという意味が込められているそうで、これまでで最も大きいアップデートになるのではないかと期待されている。

phoneArenaがとあるアナリストから得た情報によると、「Galaxy S6」に採用されるディスプレイは「デュアル・エッジ・ディスプレイ」を搭載するとのこと。「Galaxy Note Edge」と同じようにスクリーンの端が湾曲しているのだが、「Galaxy S6」の場合、片方ではなく両方が湾曲しているらしい。

正直なところ、左右が湾曲しているディスプレイとはイマイチ想像ができない。過去に参考になりそうなコンセプトイメージがないかと漁ってみたところ、両面ディスプレイを採用した「iPhone 6」の衝撃的なコンセプトムービーを発見。そのイメージ画像は以下の通り:

iPhone note edge

あまり見た目に惹かれないというだけではなく、単純に操作がしづらそうな気がしてならないが…どうなのでしょうか。

「Galaxy Note 5」には700ppiを超えるディスプレイが搭載されると言われている。「Galaxy S6」もディスプレイが湾曲しているだけではなく、同じく超高密度ディスプレイを搭載するのかもしれない。

スペック厨には興奮が隠せない端末になりそうな予感!来年の発表が楽しみだ!

(via phoneArena