Twitter、写真に最大420文字まで入力可能な説明を追加可能に

Alt Text Image for Twitter App
先日、「重要な新着ツイートをトップに表示」をデフォルトで有効化し物議を醸していたが、今回は多くの人が喜びそうな機能を追加した!


本日、Twitterは投稿した画像に対して最大420文字の説明文を入力可能にする「画像の説明を追加」機能を提供開始した!

「設定>アクセシビリティ>画像の説明を追加」で有効

この機能に関してはTwitter公式アプリの1番右にある「アカウント」タブから歯車アイコンをタップし、「設定」へ。下の方に「アクセシビリティ」という項目があるのでその中にある「画像の説明を追加」を有効化すれば利用可能になる。



個人的に今回の新機能で最も朗報だと感じているのはサードパーティーのTwitterクライアントでもクライアント側が対応すれば利用可能になるということ。「REST API」と「Twitter Cards」で利用できるとのことなので、僕の愛用している「Tweetbot 4 for Twitter」には是非とも早急に対応して頂きたい!


あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!