「iPadOS」はマルチタスク機能が強化、同じアプリを並べて表示することが可能に

「iOS 12」では不十分だったマルチタスク機能が改善

WWDC 2019 On Stage 1940

Appleは「WWDC 2019」にてiPad専用の新しいOS「iPadOS」を正式に発表した。

iOS 12」では不十分だったマルチタスク機能が改善され、複数のアプリを行き来しやすくなっている。

ウィジェットをホーム画面にピン留めすることが可能に

WWDC 2019 On Stage 1953

ウィジェットはホーム画面の左側に固定できるように。Android OSほどの自由度は無さそうではあるが、常時表示できるようになるため、使い勝手は良さそう。

Slide Over:表示したアプリのみをマルチタスク可能に

WWDC 2019 On Stage 1971

Slide Overしたアプリのみをマルチタスクできる機能も追加。メインの画面を下に表示しておきながら、その上に表示(Slide Over)しているアプリを切り替えることができるように。

Split View:同じアプリを2つ並べて表示することが可能に

WWDC 2019 On Stage 1992

iOS 12」ではSafariを並べて表示することができたが、「iPadOS」では他のアプリも並べて表示することが可能に。返信元のメールを開いたまま返信を書くことができる。

アプリの「Expose」を追加

WWDC 2019 On Stage 2009

複数のSpacesで開いた特定のアプリを一覧で確認できるアプリの「Expose」が追加されている。どこのSpacesにどの画面を開いたか探し回る必要がなくなる。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 13」新着記事
トレンド検索