macOS Mojave:ソフトウェア・アップデートをMac App Storeからシステム環境設定に移動

MacOS preview Mac App Store Discover screen 06042018

macOS Mojave」ではMac App Storeの大幅刷新が発表されているが、MacRumorsによるとソフトウェア・アップデートをMac App Storeの「アップデート」タブで表示することをやめ、システム環境設定に「ソフトウェア・アップデート」項目を追加していることが明らかになった。

Mac App Storeはあくまでもアプリのプラットフォーム

この変更は「OS X」の時代では馴染みのある配置となっていて、昔からMacを使っている人にとっては歓迎されるべき変更かもしれない。

macOS Mojave」では改善されると思われるが、OSのアップデートを行うために、重くて動作が遅いMac App Storeをいちいち開くことに不満を感じていた人も少なくない。

View post on imgur.com

そもそもiOSも「設定」アプリの中にアップデートの項目が用意されていることを考えると、macOSも「システム環境設定」に移動することによってiOS⇔macOS間を行き来した際に混乱が少なくなる、というメリットもある。

また、次期macOSではMac App Storeはあくまでもアプリのプラットフォームとして確立する、という流れの一環ではないかと考えられる。

もっと読むmacOS Mojaveまとめ
関連記事