「OS X Yosemite」、「OS X Mavericks」と比べて普及率が67%も早いことが明らかに

Installing os x yosemite
Macユーザーの皆さん、自分の使っているMacは「OS X Yosemite」にアップデート済みだろうか。

僕は「OS X Yosemite Beta 6」をインストールしていたが、どうも挙動が安定しなかったので再度Mac App Storeから再度ダウンロードしてインストールし直してみたところ、比較的動作が安定するようになった。めでたし、めでたし。

ウェブサイトに埋め込むソーシャルシェアリングサービス「AddThis」の調査によると、OS X Yosemite」の普及率は「OS X Mavericks」に比べて67%早いと発表している!

Yosemiteは2%、Mavericksは昨年同期間で1.2%

AddThisは1,300万件以上のサイトに導入されているツール。今回のデータは導入されているウェブサイトにおける「OS X Yosemite」と「OS X Mavericks」の利用者数をヒックしたもの。

「OS X Yosemite」は昨日リリースされたばかり。1つ前のOSよりもハイスピードで浸透しているように思えるが、そもそも比較している数値が小さすぎるため、真に受けても仕方がないかもしれない。発表時点における「OS X Yosemite」の普及率は2%だったのに対し、「OS X Mavericks」は昨年リリース後の同期間における普及率は1.2%だったとのこと。

なお、昨日10月17日にgori.meを訪問したユーザーのうち、「OS X Yosemite」にアップデートしていた人は全体の約30%。3人に1人が最新のOSに乗り換えていたようだ。


実際にアップデートした皆さんはアップデートしてみてどうだろうか。僕は「OS X Yosemite」にしてから数日経つが、最も大きい変更点である新しいデザインは意外とすぐに見慣れた。フォントが細く薄くなったことからRetinaディスプレイでは綺麗だが、非Retinaディスプレイで見ると粗そうな気がするが、どうだろう。

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー