「Office for Mac 2011」、「macOS High Sierra」をサポートせず

Office for mac 2011

「Office for Mac 2011」は「macOS 10.13 High Sierra」をサポートしないことが発表されている

また、2017年10月10日までに「Office for Mac 2011」のサポートそのものが完全に終了する。以降、セキュリティプログラムを含むアップデートは配信されず、継続して利用する場合は自己責任となる。

「macOS High Sierra」で利用できる「Office for Mac」バージョンは「Office for Mac 2016」。ただし、利用しているバージョンによって起動できないものもあるので注意だ。

「バージョン15.35」以降をサポート

「Office for Mac 2016」も複数のバージョンが存在する。各アプリを正常にインストールおよびダウンロードできるのは「バージョン15.35」以降。記事執筆時点における最新バージョンは「バージョン15.37」となっているようだ。

「バージョン15.34」の場合、一部アプリを起動できない場合がある模様。Microsoftはその一例として「Outlook 2016」の場合に表示されるエラーメッセージを紹介している。

Error message for office

「Office for Mac」のバージョン情報は、アプリを起動し、画面左上に表示されるリンゴマークの右側にあるアプリ系をクリックし、「(アプリ名)について」をクリックすれば表示される。

「バージョン 15.34」以前になっている場合、一刻も早くアップデートしておくべし!やり方は下記記事からどうぞ!

(via 9to5Mac

あわせて読みたい