iPadOS、アプリをMacのようにウィンドウ化する機能を開発中か

キーボードとマウスが接続するとフルスクリーンモード時に「ウィンドウ表示」に切り替え

Daniel romero pWUecNvg3XU unsplash

Appleは、iPadアプリをMac風に”ウィンドウ化”する新しいiPadOS機能「Apple Mixer」を開発している可能性がある。Magic Keyboardなど外付けキーボードやトラックパッドとの接続時フルスクリーンで表示したアプリがウィンドウのように縮小される仕組みだという。

今夏の正式発表が予定される「iPadOS 16」に実装されるかは不明だが、M1チップを搭載したiPad限定の機能になると紹介されている。

従来は、フルスクリーンで表示できるアプリは同時に2つまで。「Apple Mixer」によって、3つ以上のアプリを同時に表示できる機能が検討されている可能性がある。AppleはiPadにmacOSの搭載は断固として反対しているが、iPadをMacのように使用する際はMacのような操作性や使い勝手を提供する狙いがあるかもしれない。

iPadのDock、MacのDockにあるスタック機能に似た機能を実装か

情報を伝えているMajin Bu氏は、過去に未発表iOSバージョンの情報やアクセサリの新カラーをリークした実績がある。別の投稿では、「iPadOS 16」にDockにファイルを重ねて表示できる新機能の存在を紹介。Apple Pencilで作動するという。詳細は不明だが、投稿画像はMacのDockにあるスタックを彷彿挿せる。

公開情報
更新日2022年03月16日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:622933)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:622932)
    Surfaceユーザーとしては、Apple版Surfaceが真剣に欲しいんですけどねぇ。

    多分そういうのを狙っているんだろうなぁ、とは思いますねぇ。ただまあmacOSは載せんよ、的なwww

  2. 通りすがりの読者(コメントID:622932)

    Surfaceユーザーとしては、Apple版Surfaceが真剣に欲しいんですけどねぇ。

「iPadOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索