iPadOS 14.6、正式リリース Podcastのサブスク機能対応など

iOS 14.6と同様の不具合も修正されている

IpadOS 14 6 update

Appleは5月25日、iPadOS 14.6を正式にリリースした。

iPadOS 14.6では、AirTagのセキュリティが強化。電話番号の代わりにメールアドレスを追加する紛失モードのオプション追加されている。Podcastのサブスクリプション機能サポートも開始された。

リマインダーが空白行として表示される問題、Bluetoothデバイスの通話時における不具合なども修正されている。リリースノートは以下のとおり。

リリースノート

Podcast

  • チャンネルまたは個別の番組のサブスクリプションに対応

AirTagと“探す”

  • AirTagおよび“探す”ネットワークアクセサリで電話番号の代わりにメールアドレスを追加する紛失モードのオプションを追加

アクセシビリティ

  • 音声コントロールのユーザは、再起動後の初回ロック解除時に、音声のみを使用してiPhoneのロックを解除可能

問題の修正

  • リマインダーが空白行として表示される場合がある問題
  • Bluetoothデバイスで、通話中に切断されたり、別のデバイスにオーディオが送信されたりすることがあった問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 14」新着記事
トレンド検索