LINEモバイル、2018年夏を目処にソフトバンク回線が利用可能に

LINEモバイルは3月20日、ソフトバンクと「LINEモバイル」のさらなる成長を目的とする資本・業務提携を本日付で締結したことを発表した。これに伴い、今夏を目処にソフトバンクの回線を利用したサービスの提供を開始するとのこと。

この提携は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携および、MVNO事業推進のための業務提携からなり、増資完了後の出資比率はソフトバンクが51%、LINEが49%に。LINEモバイルの代表取締役社長は引き続き嘉戸彩乃氏が務める。

サービス開始以降掲げてきた「SIMPLE」「FREE」「VALUE」の3つを最も重要な価値と位置づけ、ユーザーのニーズに寄り添ったモバイル通信サービスの提供を目指す。

また、総合通信事業者であるソフトバンクが持つ知見やノウハウを「LINEモバイル」のサービス展開に生かすことで、通信顧客基盤拡大のためのマーケティングや市場・顧客分析、ロジスティクス基盤の構築、端末のラインアップ充実などを行っていく予定。

その他の具体的なサービスのアップデートや新たな取り組みなどについては準備ができ次第、改めて発表するとのこと。