「macOS 10.13.4」、32bitアプリの起動時に警告を表示

32bit app warning

macOS High Sierra 10.13.4」から32bitアプリを起動すると警告を表示する仕様が加わっていることが明らかになった

2017年6月時点で「macOS High Sierra」が32bitアプリをサポートする最後のmacOSであることは発表されていた。2018年1月以降に申請される新規アプリは対応が必須になり、2018年6月までには既存アプリを含むMac App Store上の全てのアプリが64bitに移行する必要がある。

なお、「iOS 11」ではすでに32bitアプリのサポートを終了している。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい