macOS Mojave:デスクトップ上を散らかす「Mess Up」機能が用意されていることが判明

Mess Up Screen on Mojave

macOS Mojave」にはカオスになってしまったデスクトップを名前、種類、変更日、作成日、ファイルサイズ、タグのいずれかで自動的に分類してくれる「デスクトップ・スタックス」機能が用意されている。ついにmacOSは整理整頓も代わりにやってくれるようになったのだ。

ところが、macOS Mojave」には「片付けてくれる」機能の逆を行う「散らかす」機能も備わっていることが判明した!

デモ用の機能が残っているのか、正式機能なのかは不明

デスクトップで右クリックし、「Clean Up」または「Clean Up By…」でデスクトップを片付けてくれるが、「alt/option」キーを押しながら同様の操作を行うと「Clean Up」が「Mess Up」に変更され、デスクトップ上を散らかすことが可能に

この機能が意図的に用意されているのか、WWDCのデモ用機能として追加されていたのかは不明。片付けたものの元通りにしたい、という時のために「Mess Up」は役に立つかもしれない。

なお、何度も「Mess Up」をクリックし続けると、デスクトップ上のファイルがランダムに配置し直され、様々なバリエーションで散らかされる仕様になっている。

もっと読むmacOS Mojaveまとめ
関連記事