macOS Monterey、メモリリークの不具合発生 「メモリ不足」警告画面が表示

14インチ/16インチMacBook Pro(2021)でも発生

Memory Leak for macoS Monterey

macOS Montereyにアップデート後、 特定のアプリが使用するメモリ(RAM)が異常に増えるメモリリークの不具合海外掲示板で報告されている。影響範囲は広く、14インチ/16インチMacBook Pro(2021)を含む多くのMacで発生。メモリ不足を指摘する警告画面が表示されるユーザーは多い。

メモリリークが発生しているアプリケーションは、コントロールセンター、Pages、Mail(純正メールアプリ)、Firefoxなどが大量のメモリを消費していると報告されている。

YouTubeチャンネル「Appleが大好きなんだよ」を運営する大好きさんも、購入した2台の14インチMacBook Proでメモリリークが発生。M1 Pro(8コア14コアGPU)モデルとM1 Max(10コア32コアGPU)モデルの両機種で、コントロールセンターが異様なメモリ消費を記録している。

M1Max M1Pro Comparison

原因は不明だが、不具合を報告しているユーザーの共通点は、macOS Montereyアップデート後からの発生。OSに問題が起きている可能性が高く、近日中にソフトウェアアップデートで修正されると期待したい。

次ページ
Twitterで報告されているメモリ不足、メモリリーク
関連キーワード
公開情報
更新日2021年11月02日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOS Monterey」新着記事
トレンド検索