「macOS Sierra 10.12.5 Beta 5 / Public Beta 5」、開発者向けに配信開始

MacOS Sierra official image 2

Appleは5月2日、macOS Sierra 10.12.5 Beta 5」を開発者向けに、「macOS Sierra 10.12.5 Public Beta 5」をパブリックベータプログラム登録者向けに配信開始した。特に目立った新機能や変更点は見つかっていない。

macOS Sierra 10.12.4」ではブルーライトカット機能「Night Shift」が追加されている。次期メジャーアップデートは2017年6月5日から開催される「WWDC 2017」にて披露されると予想される。

「Public Beta」版を利用するためにはApple Beta Software Programへの登録が必要。あくまでもベータ版となっているため、利用する場合は自己責任でどうぞ。

場合によっては普段利用できているアプリが利用できなくなることもあるため、試したい場合は日常的に使用しているデバイス以外のデバイス(過去に使っていた機種など)にインストールすることをオススメする。

もっと読むmacOS Sierraまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン