2022年のmacOSは「マンモス」?Apple、「Mammoth」の商標登録を延長

ゾウの類縁の「マンモス」ではなく、スキーリゾート地域として人気のある「マンモスレイク」

Don b GuMSTaUZDY unsplash

Mammoth Lake

Appleが2022年に発表する、macOSの次期メジャーアップデートの名称は「Mammoth(マンモス)」になる可能性がある。9to5Macによると、Appleが保有する「Mammoth」の商標が更新されたという。現地時間11月16日に承認され、所有者はAppleのペーパーカンパニーとされるYosemite Research LLCと記載されている。

Appleは、カリフォルニアの地名をmacOSの名称に当てるため、地名を事前に商標登録している。macOS 12正式発表の数カ月前に、「Mammoth」と「Monterey」の商標登録を延長。結果的に「Monterey」が採用された。同様の流れで、macOS 13は「Mammoth」になる可能性がある。

「Mammoth」は、スキーリゾート地域として人気のあるMammoth Lakeを示唆していると見られる。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:618787)

    絶滅動物の名前は化石=古臭いを連想させるから、避けそう。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:618733)

    マンモス©️のりピー

「macOSニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索