AirPods Max レビュー:Pro以上のサウンド体験

Appleの考える至高のヘッドホン体験、そこに価値を見いだせるか

Appleから初のワイヤレスヘッドホン「AirPods Max」が登場した。

「もう一度発明したオーバーヘッドヘッドホン」としているAirPods Maxは、Appleが設計した40mm口径のダイナミックドライバを搭載。左右のイヤーカップにそれぞれ組み込まれたAppleのH1チップ、独自の音響設計、先進的なソフトウェアを備えたAirPods Maxは、最先端のコンピュテーショナルオーディオを提供する。

高級感たっぷりのデザインやAppleのエコシステムを活かした機能は大変魅力的だが、価格は6万円超え。BoseやSonyの人気ヘッドホンと比べて約3万円も高い。価格差を払ってまでも手に入れたい体験なのか。

Appleが”再発明”したヘッドホン「AirPods Max」の魅力を紹介する。

AirPods Maxのデザイン

Apple AirPods Max Product Review 18

AirPods Maxのデザインを見た第一印象は、”オールドスクール・デザインの現代風”だった。イヤーカップの形状が、空港の地上職員が付けている防音ヘッドホンにも似ている。

Apple製品にしては珍しく、Appleロゴが全くない。ボタンはデジタルクラウンとノイズコントロールボタンの2つのみ。ワイヤレスヘッドホンに多いタッチ操作は採用されなかった。

Apple AirPods Max Product Review 15

使用している素材や技術は最先端。イヤーカップは酸化皮膜処理のアルミニウムで作られ、バンド部分はステンレススチールを使用。ヘッドバンドには通気性のあるニットメッシュ素材、イヤークッションにはファブリックを使用したメッシュ生地が採用され、重さの分散や付け心地が徹底的に追求されている。

Apple AirPods Max Product Review 17
好みに合わせて細かく長さを調整できる

AirPods Maxの重さは370gもあり、ケースと組み合わせると520g以上。箱から取り出した瞬間からその重さは実感できるが、付けると重さを感じなくなる。数々のヘッドホンを試してきた中で、AirPods Maxのヘッドバンドとイヤークッションは最も快適だと断言できる。特にヘッドバンドの重さを感じさせない作りには感動した。

Apple AirPods Max Product Review 11
頭上の負担を見事に分散させるヘッドバンド

Apple AirPods Max Product Review 06
イヤークッションの心地よさはトップクラス

イヤークッションはマグネット式で、簡単に着脱可能。一般的にヘッドホンは、一定の使用期間後の交換が推奨されている。本体カラーとマッチしたカラーを選ぶ必要が無いため、今度はシルバーや(PRODUCT)REDを選びたい

Apple AirPods Max Product Review 08
イヤークッションはマグネット式

Apple AirPods Max Product Review 09
イヤークッションは個別販売される予定

接続端子はLightning。USB-Cであってほしい気持ちもあったが、常にUSB-C to Lightningケーブルを持ち歩いているので充電は問題ない。問題は有線接続だ。Lightning – 3.5mmオーディオケーブルでなければ使えないという仕様は不親切だと思う。

Apple AirPods Max Product Review 19
充電ポートはLightning

AirPods Max用の専用ケース「Smart Case」

Apple AirPods Max Product Review 29

AirPods Maxには、専用のSmart Caseが付属する。僕は見た目の格好悪さ、保護力の低さ、重さ、使い勝手の悪さに絶望した。

Casa BRUTUSのインタビューによると、Appleはヘッドホンの多くに付属するケースは「大きくて取り扱いに困る」と指摘し、「極めて収納効率の良いケースをつくろうと思いました」としている。その結果、1枚のシートを切り抜き、立体的になるように数カ所で留めただけのシンプルな構造で実現している。

AirPods Maxを覆うだけの構造は、たしかに収納効率が高い。蓋となる部分はマグネット式となっており、収納するとすぐに省電力モードに切り替わる仕組みだ。

Apple AirPods Max Product Review 03
ケースを固定するフラップはマグネット式

しかし保護力は限りなく低く、6万円以上のヘッドホンを収納するには心許ない。その割には不要に重い。Smart Caseを装着したまま充電するための切り込みもあるが、位置が合わないことが多々ある。”スマート”とは言い難い。

Apple AirPods Max Product Review 26
充電端子の位置が合わない

Apple AirPods Max Product Review 27
充電は一応できる

インタビューでは「我々は旅が多いので、カバンへの収まりがいかに大事かよく把握しているつもりです」と語っている。それならばAirPods Maxを折り畳めるようにした上で、ヘッドバンドごと収まるSmart Caseを作るべきだ。

AirPods Maxの付け心地、操作性

Wearing the Apple AirPods Max Wireless Headphones 02

本体重量384.8gもあるAirPods Maxだが、付け心地は非常に良い。イヤークッションとヘッドバンドの快適さは、Appleが”再発明した”と言っても過言ではない。重さを一切感じさせない快適さには感動する。

長時間の装着でも頭上や耳周りには疲れはたまらないが、明らかに首や肩が疲れる。いくら重さを分散させることができても、物理的な重さには勝てない。長時間の使用には、重さに耐えられる首周りのトレーニングが必要だ。

メガネやマスクの上から装着しても、快適さは変わらない。キャップを被っていても快適だったが、ツバが平らなキャップは干渉する可能性がある。

Wearing the Apple AirPods Max Wireless Headphones 04
ツバが平らなキャップは被り方を調整する必要があるかも

Wearing the Apple AirPods Max Wireless Headphones 01
丸みのあるツバは問題なし

またイヤーカップの大きさゆえに、首にかけていると顎に当たりやすい。イヤーカップを上に向けると首が挟まれてしまう。僕は特に気にならないが、女性はイヤークッションにファンデーションなどが付いてしまうかもしれない。

Wearing the Apple AirPods Max Wireless Headphones 06

AirPods Maxの操作性はピカイチだ。ペアリングはAirPodsシリーズお馴染みの「近づけるだけ」。対応OSをインストールしたデバイスであれば、瞬時に接続デバイスを切り替えることができる。

Apple AirPods Max Product Review 20

Apple Watchから技術を流用した、ノイズキャンセリング以外の操作をすべて行うデジタルクラウンは使いやすい。特に回すとヘッドホンからカリカリと音が鳴る仕組みが好きだ。

タッチパネルを使用したヘッドホンと比べて、デジタルクラウンは誤動作が少なく、操作がしやすい。特に音量の調整はしやすい。押し込む操作も、イヤーカップを他の指で支えられるため、耳周りへの負担がない。

Apple AirPods Max Product Review 21
Apple Watchのデジタルクラウンと並べた

ノイズコントロールボタンは、アクティブノイズキャンセリングのオン・オフを切り替えるために使用する。細かい調整はできないが、操作は迷いようのないシンプルさが魅力だ。

Apple AirPods Max Product Review 12

AirPodsシリーズと同様に、AirPods Maxは外せば音楽が停止し、装着すれば音楽が再開する。外すとBluetooth接続は保たれるが、すべてのサウンドは接続デバイスの内蔵スピーカーに切り替わる。例えばAirPods Maxを首にかけた状態で着信を受けた場合、iPhoneのスピーカーとマイクが使われる。

AirPods Max レビュー:AirPods Pro以上の音楽体験を求めるあなたへ

Listening to AirPods Max Wireless Headphones 01

AirPods Maxの価格は税込67,980円。同じジャンルに分類されるであろう、人気のワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」は37,800円、「BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700」は37,400円だ。AirPods Maxは、3万円以上の価値があるのか。

AirPods Maxの音質は、良くも悪くも”AirPods Proの延長”だ。

Appleは「原音に忠実なサウンド」と説明しているが、SonyやBoseのような特徴的な音作りではない。AirPods Proと比べて音の広がりがあり、楽器同士のセパレーションはハッキリとしている。単なるBGMとして流すにはオーバースペックだが、演奏を隅々まで楽しみたい人にとっては、今まで聞き取れなかった音が浮かび上がって来るだろう。

アカペラやアコースティックなどのジャンル、ライブ演奏などはAirPods Maxの迫力を体験しやすい。女王蜂『金星 Feat. DAOKO』は、冒頭にあるクラップ音、キーボード、ボーカルからドラムのパン振りまでが、AirPods Maxの魅力を感じやすかった。

ノイズキャンセリングは、耳を覆うオーバーイヤーヘッドホンの特性もあり、AirPods Proを上回る。騒がしいカフェでの効果は抜群だ。ただし騒がしい場所ほど内蔵されたH1チップが処理を続けるのか、電池の消耗が激しくなる

自宅で使用した場合、電池の消費は2時間で約10%。ところがカフェで同じ時間使用した場合の消費は15%だった。電池持ちは最大20時間とされているが、騒がしい電車の中やカフェなどで使用した場合、公称値を下回る可能性がある。

電池が切れてしまった場合、Lightning – 3.5mmオーディオケーブルを接続しても使用できない。充電時間は、20Wの充電器を使用した場合、30分間で39%、1時間で85%、1時間半で99%まで充電された。

Apple AirPods Max Product Review 23
有線接続にはLightning – 3.5mmオーディオケーブルが必要

外部音取り込みモードは、他のヘッドホンが搭載する同等の機能と比べて優れているが、AirPods Proよりは不自然に感じた。特に高い周波数の音が強調されてしまい、シャカシャカ素材のアウターが擦れる音は非常に耳障りだ。AirPods Proは耳に入れたまま生活しても困らなかったが、AirPods Maxは難しい。

Listening to AirPods Max At home 01
シャカシャカしたアウターを着ていると、擦れる音が気になる

AirPods Maxは6万円の価値があるのか

僕はヘッドホンとしての体験は気に入った。音質は好み、付け心地は快適、操作は簡単、デバイスの切り替えは楽。元から耳に入れるより耳を覆って音楽を聞きたいため、AirPods Maxは僕にとって待望の製品だ。

重さは気になるが、ヘッドバンドとイヤークッションの快適さでギリギリ相殺。携帯性の低さは、バックパックに放り込むので問題なし。Smart Caseは無くても困らないことが判明したので、自宅に放置されることが決定した。

しかし6万円の価値があるかというと、「はい」とは言い切れない。AirPods MaxAirPods Proを上回るサウンドを楽しめることは間違いないが、それを必要としているかは別問題だ。たいていの人はAirPods Proで十分だろう。

最終的には、Appleの提案する最高の音楽体験を必要とするかどうかに尽きる。必要なければAirPods ProやAirPodsだけではなく、SonyやBoseなどのサードパーティメーカーから出ている素晴らしいワイヤレスヘッドホンに目を向けるのも良いだろう。

AirPods Max
8.5/10
特集
公開情報
更新日2021年09月04日
コメント(13件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:593057)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:593056)
    多分、アーム部分をイヤカップに収納(一番短くする)した状態だと、 コネクタの位置がきちんと見えるのかなぁ・・・。

    はっはーーーーーーんなるほどそういうことか!!!確かに全部しまい込むと位置はかなり良くなりますね!ありがとうございます!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:593056)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:592992)
    伸ばしているのを元に戻すってどういう意味ですかね??

    多分、アーム部分をイヤカップに収納(一番短くする)した状態だと、
    コネクタの位置がきちんと見えるのかなぁ・・・。

  3. 通りすがりの読者(コメントID:593032)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:592997)
    Appleの音作りはナチュラルでフラットな傾向にありますね。音場が広いとよく聞くので、空間オーディオと合わせた映画鑑賞に特に向いてそうですね。 本体重量やサイズ、Smart Caseの携帯性の低さからもわかりますが、完全に「おうち仕様」だと思いましたw

    初耳ですね。
    話の感じではバッテリーはiPhoneのでしょうか?
    有線or無線、あるいは両方で起きるんでしょうか?

  4. 通りすがりの読者(コメントID:593004)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:593001)
    ゴリさんヘッドホン似合いますね、DJ感というか😂

    すごいわかります!

  5. 通りすがりの読者(コメントID:593001)

    ゴリさんヘッドホン似合いますね、DJ感というか😂

  6. g.O.R.i(コメントID:592998)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:592997)
    Appleの音作りはナチュラルでフラットな傾向にありますね。音場が広いとよく聞くので、空間オーディオと合わせた映画鑑賞に特に向いてそうですね。 本体重量やサイズ、Smart Caseの携帯性の低さからもわかりますが、完全に「おうち仕様」だと思いましたw

    まさにおっしゃるとおりですね。自宅でサウンドを楽しむためのデバイスに最適ですね。僕は映画を見ないので空間オーディオを試してないですが、AirPods Pro以上の体験ができるんだろうなと想像しています👀

  7. 通りすがりの読者(コメントID:592997)

    Appleの音作りはナチュラルでフラットな傾向にありますね。音場が広いとよく聞くので、空間オーディオと合わせた映画鑑賞に特に向いてそうですね。
    本体重量やサイズ、Smart Caseの携帯性の低さからもわかりますが、完全に「おうち仕様」だと思いましたw

  8. g.O.R.i(コメントID:592996)
    コメント先:さいぼぐどん(コメントID:592995)
    初めまして。 レビューを読んで、2012年に出たParrot Zikシリーズを思い出しました。当時も他のヘッドホンと単純比較が難しい、これも当時は珍しかった「アプリでカスタマイズを楽しめる」ヘッドホンでした。形状といいコンセプトといい、直接の繋がりはないにせよ同じ匂いを感じますね。M1のMBA買ってお金がないので、AirPods Maxは買えませんが…。

    こんにちはー!Parrot Zik、めちゃくちゃ懐かしい!僕もものすごく愛用していました!懐かしいですね、なんかデザインの方向性もちょっと似ているかもしれません笑

  9. さいぼぐどん(コメントID:592995)

    初めまして。
    レビューを読んで、2012年に出たParrot Zikシリーズを思い出しました。当時も他のヘッドホンと単純比較が難しい、これも当時は珍しかった「アプリでカスタマイズを楽しめる」ヘッドホンでした。形状といいコンセプトといい、直接の繋がりはないにせよ同じ匂いを感じますね。M1のMBA買ってお金がないので、AirPods Maxは買えませんが…。

  10. g.O.R.i(コメントID:592994)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:592993)
    バッテリーが劣化してないと音って高域が跳ね上がるんですよね....まぁAppleの調整不足なわけですが... 私もiPhone使ってる時は、最初は高域がきつかったです。一年たって、バッテリーはまだ100%ですが、だいぶ落ち着きました。 それでも、同じ機種で88%のものと比べてやっぱり高域がきついです。

    えーーーーーーそうなんだ!!!!!!!!!!!!勉強になります💡

  11. 通りすがりの読者(コメントID:592993)

    バッテリーが劣化してないと音って高域が跳ね上がるんですよね….まぁAppleの調整不足なわけですが…

    私もiPhone使ってる時は、最初は高域がきつかったです。一年たって、バッテリーはまだ100%ですが、だいぶ落ち着きました。
    それでも、同じ機種で88%のものと比べてやっぱり高域がきついです。

  12. g.O.R.i(コメントID:592992)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:592990)
    充電コネクタの位置については伸ばしてるのを元に戻してあげると正しい位置になりますよ 流石にその辺は正しく書いて欲しいので更新願います

    伸ばしているのを元に戻すってどういう意味ですかね??

  13. 通りすがりの読者(コメントID:592990)

    充電コネクタの位置については伸ばしてるのを元に戻してあげると正しい位置になりますよ
    流石にその辺は正しく書いて欲しいので更新願います

「AirPods」新着記事
トレンド検索