Amazon、「Kindle Oasis」を正式に発表!最薄部3.4mm、重量131g

Kindle Oasis

本日、Amazon新型Kindleデバイス「Kindle Oasis」を正式に発表した

特徴は史上最薄・最軽量であること。最薄部がなんと3.4mmでWi-Fiモデルは131g、Wi-Fi+3Gモデルが133gという衝撃の軽さだ(バッテリーカバー未装着時)。これまでのKindleデバイスと比較しても20%軽く、平均で30%軽くなっている。

魅力的だが価格高すぎ!最安モデルが35,980円から

「Kindle Oasis」は6インチ/300ppiの高解像度e-inkディスプレイを搭載。これまでのKindleよりも60%多くLEDを使用し、スクリーンの輝度と明るさの均一性が向上しているようだ。

また、噂通り、バッテリー内蔵の高品質レザーカバーが同梱されているのだが、組み合わせると最大数ヶ月の電池持ちになるという。もはや電池持ちが良すぎて充電する習慣を忘れてしまいそうだ。

本体は左右非対称のデザインを採用しているが、これは人間工学に基づいて設計されたグリップとなっていて、片手で持っていても重さを感じないような仕組みになっているという。グリップ部分にはページめくりボタンも用意されている。

Kindle Oasis

もちろん、右手で持ちたい場合と左手で持ちたい場合もあるだろう。「Kindle Oasis」は加速度センサーを搭載し、表示方向を自動的に合わせてくれる。

Kindle Oasis

唯一にして最大の欠点はその価格。最安モデルでも35,980円キャンペーン情報なしのWi-Fi+3Gモデルが43,190円という衝撃的な価格を提示してきた。

果たしてその価格は正当なのか。参考に「Kindle」「Kindle Paperqhite」「Kindle Voyage」「Kindle Oasis」の4つのデバイスを比較した表を載せておく。

Kindle Comparison
既に予約注文は受付開始している。発売日は4月27日を予定している。


あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!