Apple、バッテリーが膨張した「Apple Watch Series 2」の42mmモデルを無償で修理対応へ

Apple Watch Series 2

Appleは、バッテリーが膨張または起動しなくなった「Apple Watch Series 2」に対し、無償で修理対応を実施するとMacRumorsが伝えている。

Apple Storeおよび正規サービスプロバイダに宛てられた内部資料によると、特定の条件下において、「Apple Watch Series 2」は電源が入らない場合やバッテリーが膨張する可能性があることを確認した、と明記されているとのこと。

Apple Watch Series 2」の42mmモデル限定の修理プログラム

Appleは、購入から3年以内の、「Apple Watch Series 2」の42mmモデルに対して無償修理プログラムを実施。

対象となっているのは「Apple Watch Series 2」シリーズの42mmモデルがすべて含まれるため、EditionやHERMESモデル、Nike+の42mmモデルで同様の症状が確認できる場合は対応可能。製品保証が切れていても対応してくれるという。

初代「Apple Watch」、「Apple Watch Series 1」、「Apple Watch Series 3」、およびすべての38mmモデルは今回の修理プログラムの対象外。

これらの修理プログラムはアメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパで実施されることが確認され、恐らく全世界共通して同様の対応を行うと見られている。「Apple Watch Series 2」の42mmモデルを持っている人で、電源の不具合やバッテリー膨張に問題を抱えている人は最寄りのApple Storeまたは正式サービスプロバイダに持ち込んでみるべし。

また、過去に有償で修理対応を行った場合は返金対応となるため、既に対応してもらっている場合でも店頭に持ち込み、状況の確認をしましょう。

あわせて読みたい