ソフトバンクオンラインショップ

iPadOS 13.6、正式リリース バグの修正および改善

日本語のハードウェアキーボードが誤ってUSキーボードとしてマッピングされる問題の修正などが行われている

IpadOS 13 6 update

Appleは7月16日、iPadOS 13.6」を正式リリースした。

Wi-Fi接続時に自動でアップデートをダウンロードするかを選択する設定の追加、iCloud Driveからのデータの同期中にアプリが応答しなくなる不具合の対処、日本語のハードウェアキーボードが誤って英語(US)キーボードとしてマッピングされる問題の修正などが行われている。

リリースノートは以下のとおり。

iPadOS 13.6のリリースノート

iPadOS 13.6には、iPadで発生していたバグの修正および改善が含まれます。

  • Wi-Fiに接続されたときに自動でデバイスにアップデートをダウンロードするかどうかを選択するための新しい設定を追加
  • iCloud Driveからのデータの同期中にAppが応答しなくなることがある問題に対処
  • 特定の他社製ハードウェアキーボードに接続すると、ソフトウェアキーボードが予期せず表示されることがある問題を解決
  • 日本語のハードウェアキーボードが誤って英語(US)キーボードとしてマッピングされることがある問題を修正
  • AssistiveTouchが有効になっているときにコントロールセンターにアクセスした際の安定性に関する問題に対処
  • 常時接続のVPN接続によって送信されるトラフィックから除外するドメインを管理者が指定できるメカニズムを提供

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

関連情報
カテゴリiPadOS 13
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    アップデートしたら画面が効かなくなった

「iPadOS 13」新着記事
トレンド検索