LINE MUSIC、世界初となる独自の音楽フリーミアムモデル「ONE PLAY」を発表

他にもUIの変更やAIを活用した楽曲レコメンドなど、大型アップデートを2019年秋頃に実施する予定

LINE MUSIC and AI

LINEは6月27日、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2019」にて、音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」において、世界初となる独自の音楽フリーミアムモデル「ONE PLAY(仮)」を発表した。2019年内に提供を開始する予定。

「ONE PLAY」は、今まで30秒尺でしか視聴することができなかった非課金ユーザーでも1日1回のみ、配信曲全ての楽曲をフル尺再生することができる、というもの。音楽との出会いの入り口をよりオープンすることで、さらなるストリーミング市場の活性化を目指す。

他にもUIをスタイリッシュに変更し、AIを活用した楽曲レコメンドなど大型アップデートを2019年秋頃に実施する予定。

好みや時間にあわせて背景の色が選べる「ライト&ダークテーマ」や音質調整などができるイコライザー機能が追加され、好みに合わせたジャンル・ムード別のデイリー更新型プレイリストやシチュエーション・ジャンルをテーマに自動再生するラジオ機能も搭載する。

他社音楽ストリーミングサービスからのプレイリストを移行するOCR技術を活用した移行機能や「VOICE Search」も実装する計画が明らかにされている。

アーティストのミュージックビデオを見ることができる機能も2019年夏までに新搭載される。

「LINE MUSIC」での配信楽曲数は5,400万曲を突破し、気分に合わせてお気に入りの音楽を設定できる「プロフィールBGM」の有効設定数は830万人を超え、「LINE」アプリと連携した独自の機能が若年層を中心に注目を集めている。

2019年5月時点において、MAU(月間アクティブユーザー)は1,100万人を突破、ダウンロード数も3,200万を超えている。

「LINE MUSIC」新着記事
トレンド検索