YouTube MusicとGoogle Play Music、合計登録者数が1,500万人を突破

YouTube Music Premium

Googleが提供する音楽ストリーミングサービスの登録者数が1,500万人を突破したとBloombergが報じている。

これは、「YouTube Music」「YouTube Music Premium」および「Google Play Music」の合算値だという。また、無料ユーザーおよびトライアル期間中のユーザーも含まれているとのこと。

SpotifyやApple Musicと比べると登録者数はまだまだ

Googleによると、「YouTube Music」および「YouTube Music Premium」の登録者数は2018年3月から2019年3月にかけて60%増加しているとのこと。

YouTube Music Premium」は個人プランが月額980円、最大6人まで利用できるファミリープランが月額1,480円。登録後、最初の30日間は無料になるトライアル期間が用意されている。

1,500万人は音楽ストリーミングサービスのトッププレイヤーと比較するとまだまだ規模は小さい。先日、Spotifyは有料会員数が1億人を突破したことを明らかにし、Appleは「Apple Music」の有料会員数は5,000万人を突破していると発表していた。

Googleは今年4月、「YouTube Music Premium」が半額で利用できる学割プランを提供開始している。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「YouTube」新着記事
トレンド検索