YouTubeの音楽アプリ「YouTube Music」、日本で提供開始

YouTube Music

YouTube Premium」が日本国内でサービスリリースされたことが大きな話題となっているが、同時に音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」も日本で提供開始されている。

「YouTube Music」は、YouTubeが音楽のために作った新しいストリーミングサービス。公式の曲、アルバム、多くのプレイリストやアーティストラジオに加え、YouTube上にある膨大なリミックス、ライブ動画、カバー、ミュージックビデオなど、他では探せないかもしれないコンテンツもシンプルに整理してパーソナライズしてくれる。

無料版に加え、月額980円から利用できる有料版「YouTube Music Premium」が用意されている。

「YouTube Music Premium」と「YouTube Premium」の違い

「YouTube Music Premium」と「YouTube Premium」が同時に登場したことによってどのサービスで何が利用できるのか、混乱している人もいるはず。

YouTube Japan Blogが公開している比較表が分かりやすかったので参考に載せておく。「YouTube Premium」はすべての機能が利用でき、「YouTube Music Premium」は「YouTube Music」の機能に関するすべての機能が利用できるようだ。

YouTube Services Comparison

「YouTube Music」の無料版と有料版(YouTube Music Premium)の違いは広告なし再生、オフライン再生、バックグランド再生となっている。

ローカライズやユーザー投稿コンテンツが強み、App Store経由は割高に

すでに海外で提供されていた「YouTube Music」を日本でローンチするにあたり、Engadget 日本版によると、Googleはローカライズに力を入れているとのこと。日本国内における流行や話題性をもとにホットリストに反映している他、カタカナ英語による検索にも対応。地味に便利そうだ。

「YouTube Music」の強みは投稿されたユーザーコンテンツも視聴できる仕組みになっているということ。「歌ってみた」「踊ってみた」なども表示され、他の音楽ストリーミングサービスでは提供されていないコンテンツを楽しむことができそうだ。

Google Play Music」とは異なるサービスとなっていて、同サービスを契約しているユーザーは無料で「YouTube Music Premium」が利用できるとのこと。将来的には「YouTube Music」に統合される計画だと言うが、具体的な予定は明らかになっていない。

なお、「YouTube Music Premium」は「YouTube Premium」同様にiOSアプリから購入する場合、App Storeの手数料を回避するために価格が1,280円に設定されている。パソコンなどから契約手続きを行うことをおすすめする。

あわせて読みたい