macOS Big Sur 11.3 Beta 2、開発者向けに配信開始

Apple Musicの自動再生機能が利用可能になっている

Daniel korpai wWZ57knMQY8 unsplash

Appleは2月18日、macOS Big Sur 11.3 Beta 2」を開発者向けに配信開始した。配布されたビルドナンバーは「 20E5186d 」。

最新ベータ版、注目の新機能・変更点

「サポート」タブがリニューアル

最新のベータ版では「このMacについて」の「サポート」 タブがリニューアル。9to5Macによるとベータ版では隠されているという。iOSの設定アプリ内にある「保証範囲」と似た内容が表示されている。

Apple support page on mac
現行バージョンの「サポート」タブ

Appleサポートアプリを開発中

またAppleはMac版「Appleサポート」アプリを開発していることが判明。現在はiPhoneおよびiPadのみ提供されており、アプリ内からAppleサポートへの連絡、デバイスの検証、修理の申請などが行える。

Apple Musicの自動再生機能が追加

Beta 2からは、Apple Musicの自動再生機能が利用可能になっていると、MacRumorsが伝えている。自動再生昨日はiOS 14から追加。視聴している楽曲やアルバム、プレイリストの再生終了後、最後の曲と似た楽曲を探して再生し続ける、というもの。「∞」アイコンのクリックで有効化・無効化を切り替えられる仕組みだ。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOS Big Sur」新着記事
トレンド検索