macOS High Sierra、「セキュリティアップデート 2018-001」をリリース

MacOS High Sierra Security Update 2018 001 00

Appleは日本時間4月25日、「macOS High Sierra」向けに「セキュリティアップデート 2018-001」をリリースした。macOSのセキュリティが向上するため、すべてのユーザーがアップデートすることが推奨されている。

配信されたアップデートは、Macに対し、不正にアクセスできてしまう「Crash Reporter」および「LinkPresentation」に関する脆弱性に対応。また、「Safari 11.1」のWebKitに関する脆弱性に関するアップデート内容も含まれている。

詳細はこちらからどうぞ

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOS High Sierra」新着記事
トレンド検索