「macOS High Sierra」、9月26日(火)に正式リリースへ

Mac sierra homescreen

スペシャルイベント「Let’s meet at our place.」終了後、Appleは公式ページを通じて「macOS High Sierra」が9月26日(火)に正式リリースされることを発表された!

次期macOSバージョンは目立ったUIの変化よりも、引き続き機能やパフォーマンスのブラッシュアップに注力している。

ファイルシステム「APFS」に切り替えることによってコピペなどの作業が劇的に高速化され、HEVC(H.265)もサポートされ、動画の容量は40%も圧縮される。GPU性能の強化に伴い、VRコンテンツの制作にも対応することも「WWDC 2017」で披露されていた。

「iCloud Drive」には共有機能が用意され、「写真」アプリは顔認識機能や編集機能が大幅に強。「Safari」や「メール」なぞ既存の純正アプリにも手が加えられている。

「macOS High Sierra」がインストールできるMac

「macOS High Sierra」をサポートするMacは、「macOS Sierra」に対応するMacとほぼ同じだと見られる。MacBookiMacに関してはLate 2009年以降のモデルであればインストールできるが、「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」「Mac Pro」に関しては2010年以降のモデルに限定される。

「macOS High Sierra」に対応するMac
MacBook Air 2010年以降のモデル
MacBook Late 2009年以降のモデル
MacBook Pro 2010年以降のモデル
Mac Mini 2010年以降のモデル
iMac Late 2009年以降のモデル
Mac Pro 2010年以降のモデル

一刻も早く最新バージョンを使いたいという人も多々いると思うが、自分のMacが動かなくなったら困る人も少なくないはず。今のところベータ版で大きな問題が報告されていないことから、すんなり移行できるとは思うが、不安な人はリリース直後は念のため、様子を見た方が良いかもしれない。

「macOS High Sierra」に関する最新情報は「macOS High Sierraまとめ」からどうぞ!

FOLLOW / 最新情報を購読