「macOS Mojave 10.14.6」、正式リリース!スリープ解除時におけるGPUの問題などを修正

再起動中にハングすることがある問題の修正、SMBによるファイル共有の信頼性の向上なども

MacOS mojave 10 14 6 update 01

Appleは7月23日、macOS Mojave 10.14.6」を正式にリリースした。Macの安定性と信頼性が改善され、すべてのユーザに推奨される。再起動が必要なアップデートとなっている。

最新のアップデートでは、再起動中にハングすることがある問題の修正、スリープ解除したときに発生することがあるグラフィックスの問題の修正、SMBによるファイル共有の信頼性の向上などが含まれている。

macOS Mojave」からはシステムアップデートがMac App Storeではなくシステム環境の中に移動しているので、お間違いのないように!

「macOS Mojave 10.14.6」のリリースノート

macOS Mojave 10.14.6アップデートでは、お使いのMacの安定性と信頼性が改善されます。このアップデートは、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:
• Fusion Driveを搭載したiMacおよびMac miniで新規Boot Campパーティションを作成できない問題を修正
• 再起動中にハングすることがある問題を解消
• スリープ解除したときに発生することがあるグラフィックスの問題を解消
Mac miniでフルスクリーンビデオが黒く表示されることがある問題を修正
• SMBによるファイル共有の信頼性を向上

このアップデートについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT209149
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOS Mojave」新着記事
トレンド検索