ソフトバンクオンラインショップ

Safari 14.0、macOS Catalina/Mojaveユーザー向けにリリース

ファビコンの常時表示、スタートページのカスタマイズ機能、インテリジェント・トラッキング防止機能の追加など

Safari update 14

Appleは9月17日、macOS CatalinaおよびmacOS MojaveがインストールされたMac向けに、「Safari 14.0」を正式にリリースした。

Safari 14.0では、タブバーのデザインの刷新、ファビコンのデフォルト表示、スタートページのカスタマイズ機能、インテリジェント・トラッキング防止機能の追加が行われている。パフォーマンスの高速化、セキュリティの改造も行われ、Adobe Flashへの対応を撤廃している。

リリースノートは以下のとおり。

Safari 14.0のリリースノート

Safari 14.0では、さまざまな新機能が追加されたほか、パフォーマンスがこれまで以上に速くなり、セキュリティが改善されました。

  • タブバーのデザインが新しくなり、 画面上により多くのタブを表示可能。デフォルトでファビコンを表示
  • カスタマイズ可能なスタートページにより、 背景イメージの設定や新規セクションの追加が可能
  • インテリジェント・トラッキング防止機能によりブロックされたサイト越えトラッカーを、プライバシーレポートに表示
  • Adobe Flashへの対応を撤廃し、セキュリティを改善


一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOS Mojave」新着記事
トレンド検索