macOS Monterey、一部のスクリーンセーバーが正常に動作しない不具合が報告

影響を受けているのは、写真アプリのコンテンツを使用する12種類

Screen Saver Bug on Monterey 01

macOS Montereyにアップデート後、一部のスクリーンセーバーが正常に動作しない不具合が報告されている。Apple Communityでは500件近いユーザーが問題に遭遇。「macOS Montereyの不具合、アプリの動作不良、各種問題報告まとめ」でも動作不良が指摘されている。

問題が発生するスクリーンセーバーは、写真アプリ内のコンテンツを表示するもの。フローティング、フリップアップ、反射、折り紙、シフトタイル、スライドパネル、フォトモビール、ホリデーモビール、フォトウォール、ビンテージ、Key Burns,クラシックの12種類が対象と見られる。

M1 Pro MacBook Proで動作を確認したところ、12種類のスクリーンセーバーはコンテンツが表示されなかった。

なお写真を使用しないスクリーンセーバーは、正常に動作する。スクリーンセーバーが欠かせないのであれば、Appleがソフトウェアアップデートで修正するまで別の種類を指定しておこう。

関連キーワード
公開情報
更新日2021年11月05日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOS Monterey」新着記事
トレンド検索