「Night Shift」モードに対応するMacは2012年以降のモデルのみ

(※ 2017年2月8日に公開された記事を編集したものです。)

iOSでお馴染みのブルーライトカット機能「Night Shift」がMacでも「macOS Sierra 10.12.4」から利用可能になった。

ただ、残念ながらすべてのMacで利用可能になるわけではない。Pike’s Universumによると、「Night Shift」モードに対応するMacは2012年以降のモデルのみとなっている。具体的な対応モデルについては続きからどうぞ!

MacBook Air」でも2012年モデル以降であれば利用可能

「Night Shift」モードは「CoreBrightness.framework」でコントロールされているとのこと。対応するMacは下記の通り:

  • MacBookPro9,x
  • iMac13,x
  • Macmini6,x
  • MacBookAir5,x
  • MacPro6,x
  • MacBook8,x

このように書かれても大多数の人はピンと来ないので、これを具体的なモデル名で書き直すとこのようになる:

さらに細かくモデル別に紹介すると下記の通りになる:

Macの種類 対応するモデル
Mac Pro 「Late 2013」
Mac mini 「Late 2012」以降
iMac 27インチモデル Late 2012」以降
iMac 21.5インチモデル 「Late 2012」以降
MacBook 12インチモデル 「Early 2015」以降
MacBook Pro 13インチモデル 「Mid 2012」以降
MacBook Pro 15インチモデル 「Mid 2012」以降
MacBook Air 11インチモデル 「Mid 2012」以降
MacBook Air 13インチモデル 「Mid 2012」以降

つまり、大雑把に言えば2012年以降のMacのみ利用可能ということになり、「Mac Pro」に関しては”ハイスペックゴミ箱”モデルのみ対応ということになる。

「Night Shift」に非対応であることが買い替えの理由にはならないかもしれないが、対応機種に入っていないということはある意味買い替えの時期が近づいてきているということなのかもしれない。

あわせて読みたい