学生みんなが特待生。

「OS X Mavericks」から新たに実装された「Finderのタブ機能」はやはり便利だった!

Os x mavericks tabs for finder

Finderを大量に開く人ほど、この新機能は役立つ!

OS X Mavericks」が正式にリリースされたということで、多くの人が待ち望んでいた「Finderのタブ機能」を試してみた!やっぱりタブ機能は便利だ!

キーボードショートカットは「Command + T」

「Finderのタブ機能」は、僕らが日頃SafariやChromeで利用しているタブと同じ。タブ機能が実装されたことによって、これまで複数のウィンドウで画面を表示する必要があったものが、1つのウィンドウにまとめることができるようになった。

なんだかんだで複数のFinderウィンドウを開いてしまう僕としては、この機能は待ち望んでいたもの。タブ機能が追加されたことによって、どこのFinderウィンドウに何があるか探す手間が一気に少なくなる!ちなみに、これまでは「XtraFinder」というサードパーティアプリケーションを使っていた。

Finderでタブを追加するキーボードショートカットは「Command + T」。これは大抵のブラウザと同じではないだろうか。

Os x mavericks tabs for finder2

タブを閉じる場合も「Command + W」。複数のタブを開いたウィンドウを一気に閉じたい場合は「Command + Shift + W」となっている。

OS X Mavericks」にアップデートした人はお試しあれ!