「iOS 10 Beta 3」、一部iPhoneに濡れたLightningケーブルを挿すと警告が表示されるように

Water Damage Possibility on Lightning Cable
電子機器は濡らしてはいけない。構造上、防水性能が向上したと言われている「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」でも基本的に水に触れないようにするべきだ。

EverythingAppleProが公開した「iOS 10 Beta 3」の新機能をまとめた動画によると、iOS 10 Beta 3」では濡れたLightningケーブルをiPhoneに挿すと警告が表示されるようになったことを明らかにしている!

iPhone SE / 6s / 6s Plus」のみが表示される仕様

この警告はなぜか「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」という最新機種のみ表示されるようになっているとのこと。なぜこのような仕様になっているのかは明らかではないが、iPhone本体を守ると言う意味では必要な警告であり、「iPhoneが壊れたどうにかしろ」とApple Storeでギャーギャー騒ぐ無知クレーマーが減るのであれば歓迎するべき機能だ。



気になるのはiOSのアップデートで既存のiPhoneでこのような警告を表示させることができるということは、そもそもこの警告表示に対応しているiPhoneはLightningポートには湿度を検知するセンサーが搭載されているのだろうか。それとも何か別の方法で制御しているのだろうか。

ところで、一部噂では「iPhone 7」が防水仕様になると報じられている。


この新しい警告文と何か関係性があるのだろうか。「おサイフケータイ」に対応して防水仕様になって欲しいな……。

AppleInsidervia Engadget

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告