「Safari 8.0.1」、アップデートするとSafariが消える致命的な不具合が発生中?!

Safari trouble 【img via Apple

昨日、Appleは「Safari 8.0.1」を「OS X Yosemite」向けにリリースした他、「Safari 7.1.1」を「OS X Mavericks」向け、「Safari 6.2.1」をそれより前のOSバージョン向けに配信を開始した。


様々な不具合を修正するはずだった最新バージョンだが、どうやら「Safari 8.0.1」には致命的なバグが含まれていたようだ。なんとインストールするとSafariそのものがMacから消えるという不具合報告されている

DockのSafariが「?」に!再起動しても復活せず

Appleは”8.0.1″というバージョンとの相性が悪いかもしれない。以前、「iOS 8.0.1」にアップデートすると圏外になるバグが含まれていたことが発覚したことから、「Appleは”8.0.1″系アップデートは避けた方がいいのではないか?!」という声も寄せられている。そんなバカな…!


現在、「Safari 8.0.1」はMac App Storeから取り下げられているため、ダウンロードすることはできない。直リンクからダウンロードする解決策もあるようだが、そもそもSafari以外のブラウザをインストールしていないMacはゲームオーバーだ。どうすることもできない。アーメン。

アップデートの度に何かしらの不具合が発覚しているApple。ユーザーがアップデートを控えるなど最終的にはApple自身に響くので、最新バージョンは慎重に配布してもらいたい。

(via Appleちゃんねる

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー