紛失・落下防止!「AirPods」用首掛けストラップが登場、完全に本末転倒

Strap for airpods
Appleの純正ワイヤレスイヤホン「AirPods」は激しく動いても耳から抜け落ちないというレポートもあるが、やはり不安なものは不安。「AirPods」のイヤピースを片耳だけ無くしても単体で購入できるらしいが、無くさないことに越したことはない。

となると行き着くのはやはりストラップだ。「AirPods」用首掛けストラップが早速登場していたので、紹介する!

「AirPods」の機能を損なう可能性もあるので注意

冒頭で紹介したのは「AirPod Strap」。価格は19.95ドル。

見た目はシンプルでスマートであるように見えるが、明らかに柄の部分を覆っているため、マイク機能を覆っているため一部機能が正常に使用できなくなる可能性がある。

他にも「Courage」という、8ドルで購入可能なメガネストラップのようなストラップもある。これはハッキリ言ってダサいの一言に尽きる。なんだこれ、100均でも買えそう。

Courage airpod strap
そもそも「AirPods」にストラップを付けるのであれば「AirPods」以外のワイヤレスイヤホンを買えばいいのではないだろうか。「AirPods」の魅力はケーブルが無いこと、つまり耳栓型であること。ケーブルをわざわざ付けるぐらいなら耐水仕様の「Bose SoundSport」や「JayBird X2」を買った方が良い。


さらに、「AirPods」は充電するために専用ケースに入れる必要がある。ストラップをつけた場合、充電する度にストラップを外し、ケースの中に入れ、使うときにまたストラップを付ける必要がある。そこまでしてストラップを付けたいのか?何のために「AirPods」を買うんだ?

それでもどうしてもストラップを用意しておきたい、という人は下記リンクからどうぞ。


Apple公式サイトで「AirPods」をチェック!

(via 男子ハック

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法