ソフトバンクオンラインショップ

Apple Watch Series 6/SE、発売

Apple Watch Series 6は42,800円から、Apple Watch SEは29,800円から

AppleWatch Series6 and SE

Appleは9月18日、Apple Watch Series 6およびApple Watch SEの販売を開始した。

Apple Watch Series 6の特徴は、血中酸素濃度センサーの搭載、A13 BionicベースのS6チップ、急速充電のサポート、常時オンディスプレイの輝度向上。基本的な外観はApple Watch Series 4/5から変わっていないが、健康管理機能が充実し、基本性能が向上している。watchOS 7との組み合わせることで、睡眠管理なども利用可能になる。

価格は42,800円から。ケースの仕上げ(カラー)はグラファイト、ブルー、レッド、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、スペースブラック、チタニウムの合計8種類が用意されている。

Apple Watch SEは、一言で説明するならば「Apple Watch Series 5の廉価モデル」。血中酸素濃度アプリ、電気心拍センサー、常時表示ディスプレイなどの機能は省かれており、カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドのみ。筐体もアルミニウムケースに限定されている。

しかし価格は29,800円から。Series 3と比べてわずか1万円差となっており、コストパフォーマンスは非常に高い。

関連情報
更新日2020年09月19日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watch Series 6」新着記事
トレンド検索