ソフトバンクオンラインショップ

Apple Watch Series 6、Series 5よりもバッテリー容量が増加

44mmは前モデルと比べて3.5%増、40mmは8.5%増

Apple WatchSeries 6 battery size

iFixitが、Apple Watch Series 6の分解レポート公開した。Apple Watch Series 5と外観は似ているが、血中酸素濃度をサポートするために内部構造は改良されている

感圧タッチ(Force Touch)の廃止に伴い、ガスケット部品が排除。使用されているケーブルの本数も減っているという。Taptic Engineのサイズは大きくなっているが、フレーム部分が改良されている。Apple Watch Series 6がSeries 5と比べて0.34mm薄型化している理由と見られる。

内蔵されているバッテリーは、44mmは前モデルと比べて3.5%増となる、1.17Whバッテリーを内蔵。40mmは8.5%増となる1.024Whバッテリーであるとわかった。

毎回恒例の修理スコアは、10段階中「6」の評価を獲得した。

関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. Windowsは社会の窓

    44ミリで3.5%増ですか。
    いっそ46ミリぐらいの大きさで10%増になれば使いやすくなるんですけどねぇ

「Apple Watch Series 6」新着記事
トレンド検索