Apple Watch Series 8のS8チップ、2年前からCPUに進化なし

S8チップの識別子は、S7やS6と同じ「T8301」であると判明

AppleEvent Sep2022 FarOut549

Apple Watch Series 8Apple Watch SE(第2世代)、Apple Watch Ultraに搭載されているS8チップは、Apple Watch Series 7のS7チップ、Apple Watch Series 6のS6と全く同じCPUを採用している。公開された識別子情報によると、S8チップはS7やS6と同じ「T8301」であるという。CPU以外は変わっている可能性があるが、詳細は明らかになっていない。

S6、S7、S8チップは、iPhone 11に採用されたA13 Bionicチップをベースに開発された7nmプロセスのチップだ。AppleはA14 Bionicチップから5nmプロセスを採用しており、iPhone 14 ProA16 Bionicチップには初の4nmプロセスチップにアップグレードした。

チップがアップデートされない理由の1つに、Apple Watchが現状の7nmチップで得られる以上のパフォーマンスを必要としていない、とMacRumorsは推察してる。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watch SE」新着記事
トレンド検索