「OS X Yosemite」では通知センターもiOSライクに!サードパーティ製ウィジェットにも対応!

OS X Yosemiteの通知センター

分かりやすくiOS化した「OS X Yosemite」。Spotlightが機能強化され表示がリッチ化した他、アイコンなどUIデザインが一新されている。iTunesのアイコンが赤くなっているのが気になる。

OS X Yosemite」では「OS X Mavericks」ではあるだけ無駄な機能であった通知センターもようやくまともに使えるような機能として改善されている

サードパーティ製ウィジェットを表示すること可能に!

「OS X Yosemite」の通知センターではiOSのように今日の予定を確認できる「Today」タブと通知をまとめる「Notification」タブを用意。「Today」タブにはカレンダーやリマインダーの他、サードパーティ製のウィジェットがついに解禁されている!

OS X Yosemiteの通知センター

OS X Yosemiteの通知センター

後ほど紹介するが、これは同じく「WWDC 2014」にて正式発表された「iOS 8」でも同じくサードパーティ製ウィジェットの対応が発表されている。秋までにどのようなウィジェットが発表されるのかが楽しみだ!

「OS X Yosemite」に関する他の記事もチェック!

(via 9to5MacThe Verge