「watchOS 4」、正式リリース!新しい文字盤を追加、フィットネス機能を強化

Watch os cardio tracker

Appleは6月6日、「WWDC 2017」にてwatchOS 4」を正式に発表した。開発者向けのベータ版は本日から提供開始され、正式リリースは今秋となっている。

watchOS 4」では新しいSiri専用の文字盤や万華鏡デザインの文字盤が追加され、ミッキーとミニーに続いてトイストーリーシリーズの文字盤(ウッディ、ジェシー、バズ·ライトイヤー)が新たに追加された。

Siriの文字盤ではディスプレイの情報がダイナミックに更新され、その日の時刻と毎日の日課に基づき、アクティビティ、アラーム、呼吸、カレンダー、マップ、リマインダー、Walletなどのアプリケーションからの関連データが表示される。

アクティビティ機能も強化され、ワークアウトの項目としてプールスイミングの自動設定やHIITが追加。複数のワークアウトを簡単に切り替えることも可能になった。また、毎朝、目標の達成に近づくとパーソナライズされた通知を受けるか、または前日のアクティビティレベルに達するにはどうすればよいかを提案してくれる機能も用意されている。

Watch os stretch

目標達成時のアニメーションも少し豪華になっている。

新たに「GymKit」が提供され、世界的メーカーのトレッドミル、エリプティカル、インドアバイクやステッパーが「Apple Watch」と連携することが可能になった。

Watch os fitness tracker

業界初の機能として、カロリー、距離、速度、登った階数、傾斜、ペースなど、スマートウォッチとフィットネスマシンの間でこれまでやりとりされることのなかったデータがシームレスに同期することができる。

もっと読むwatchOS 4まとめ
もっと読むWWDC 2017まとめ
あわせて読みたい