watchOS 5、正式発表!新機能・変更点まとめ

Appleは、現地時間6月4日午前10時から(日本時間6月5日午前2時から)行われた「WWDC 2018」の基調講演にてwatchOS 5」を正式に発表した。本記事ではwatchOS 5」の新機能や変更点をまとめておく!

watchOS 5」の新機能・特徴

友人同士によるアクティビティの競争機能

友だちとアクティビティを共有するだけではなく、状況を競う機能が用意された。

ワークアウトの自動認識機能

ワークアウトを開始したらそのことを認識し、ワークアウトを終了したら認識してくれる機能が追加された。

ワークアウトにヨガとハイキングが追加

トランシーバー機能の追加

Apple watchOS 5 Walkie Talkie screen 06042018

タップしながら相手に音声メッセージを送ることができる、いわば「トランシーバー機能」が追加された。

Appleのポッドキャストアプリが利用可能に

Apple watchOS 5 Podcasts screen 06042018

Siriの機能強化

機械学習機能を利用し、「Apple Watch」の「Siri」文字盤はよりプロアクティブに。「iOS 12」で発表された「Shortcts」との連携も。

また、いちいち「Hey Siri」と呼びかける必要がなくなり、画面が点灯していれば話しかけることによって認識してくれるようになる。

通知が強化、WebKitに対応

通知機能も強化され、WebKit対応によってウェブコンテンツの表示も可能になった。

プライドバンドおよび文字盤も発表

Apple watchOS 5 Pride Face screen 06042018

もっと読むwatchOS 5まとめ
もっと読むWWDC 2018まとめ