「iOS 13」のダークモードのスクショ、フライングで公開

新しくなった「リマインダー」アプリのUIも明らかに

Ios 13 screenshot dark mode

iOS 13」には様々な新機能が追加される見通しとなっているが、中でも「iPhone X」シリーズに搭載されている有機ELディスプレイを活かす「ダークモード」の追加が期待されている。

9to5Macが「iOS 13」で実装されるダークモードのスクリーンショットを入手。「設定」アプリの中、またはコントロールセンターから素早くオン・オフを切り替えることができるとのこと。

スクリーンショットの編集画面のUIが一部変更、iPad独自機能も

ホーム画面ではほとんど変化がなく、画面下部にあるドックの背景色が黒くなっているだけではあるが、「Apple Music」では背景が完全に黒くなっていることが確認できる。

スクリーンショットの編集画面も通常の画面と比べて暗くなっているが、下部にあるツールのデザインもよりリアルなイラストに変更されていることが分かる。このUIはiPadでも用意されているが、iPhoneと異なる点としてツールのトレイを画面内でドラッグして配置を変更できるとのこと。

iOS 13」では「リマインダー」アプリも大幅に改良されると見られているが、9to5Macはそのスクリーンショットも入手。「iPad Pro」で純正「カレンダー」アプリと「Split View」で表示し、右側には新しい「リマインダー」アプリが表示されている。

Ios 13 ipad pro reminders screenshot

「Today」「Scheduled」「All」「Flagged」の4つの項目が用意され、その下に「My Lists」と書かれた項目が確認できる。

「iOS 13」は「WWDC 2019」で正式に発表される見通し。

ストーリータイムライン
「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索