macOS/iOSのSiriとSpotlightの検索エンジン、BingからGoogleに切り替え

IOS Safari Google 01

Appleは26日、macOSおよびiOSのSiriとSpotlightの検索エンジンをBingからGoogleに切り替えたTechCrunchが報じている。

これはどういうことかというと、これまではMacのSpotlightで検索した時のウェブの検索候補はすべてBingを利用した検索結果だったが、本日からすべてGoogleを利用した検索結果に切り替わった、ということ。これはiOSのホーム画面で下方向にスワイプして表示される検索ボックスの検索結果も同様。

BingからGoogleに切り替えた理由として、Appleの広報担当は「Siri、iOS内の検索、Mac上のSpotlightのウェブ検索エンジンをGoogleに切り替えることによって、これらのサービスがSafariのデフォルト検索エンジンと一貫したウェブ検索を可能にするから」と説明している。

GoogleはAppleに対し、「iOSデフォルト検索エンジン」の費用として年間30億ドル支払っていると報じられた。今回の変更にあたって何かお金の流れが起きていないのか、気になるところだ。

あわせて読みたい