iOS 13/iPadOS 13:ページ全体のスクショが撮影可能に、保存先もiCloud Driveを選べるように

フルページ・スクショ登場でウェブディレクターやデザイナーの仕事効率アップ!ファイル形式はPDF

Taking Screenshots on iPhone 01

iOS 13」および「iPadOS 13」の「Safari」では、スクリーンショットを撮影すると表示エリアだけではなく、表示しているページ全体のスクリーンショットを撮影できる機能が用意されていることが分かった。

撮影後、画面左下にプレビューが表示されるのは従来通り。タップすると新しいパレットツールとともに編集画面が表示され、画面上部には「Screen(スクリーン)」と「Full Page(フルページ)」というタブが追加されている。

デフォルトでは撮影した表示エリアのみのスクリーンショットとなっているようだが、タブで切り替えると既にページ全体のスクリーンショットも撮影済みとなっていて、画面右にはページ全体のプレビューが表示される。

スクリーンショット撮影画面をスクロールすると右のプレビュー位置が連動して動く仕組みになっていて、ページを上から下まで確認した上でページ全体のスクリーンショットが撮影できる模様。ページ全体を撮影した場合、保存ファイル形式はPDFとなっている。

なお、フルページのスクリーンショット画面でページ全体のうちの特定の場所を選んでスクリーンショットを撮影することは(現時点では)できないようだ。

また、撮影したスクリーンショットは端末内だけではなく、「iCloud Drive」(「ファイル」アプリ)に直接保存することができる

なお、スクリーンショットを編集する際に表示される新しいパレットツールのデザインは「iOS 12」と比べて可愛いデザインになっている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 13」新着記事
トレンド検索