iOS 15の一部機能、iPhone XS以降でなければ動作しない

A12 Bionic以降のチップを搭載したiPhoneである必要あり、一部機能はiPhone 12に限定

IOS15 Features only for iphonexs and after

iOS 15の一部機能は、iPhone XS以降でなければ動作しないことが明らかになった。A12 Bionic以降のチップ搭載が条件となっており、対象となる端末は以下のとおり。

9to5Macによると、一部機能はiPhone 12以降に限定されるものもあるという。以下にまとめたので、参考にしてもらいたい。

対象端末が限定されるiOS 15の機能まとめ

iPhone 12以降で利用できる機能

  • 改良されたパノラマ写真の撮影
  • 改良された5G通信
  • Wi-Fiより5G優先する通信設定

iPhone XS以降で利用できる機能

  • FaceTimeの空間オーディオ
  • FaceTimeのポートレートモード
  • マップのインタラクティブ地球表示
  • マップのARを使用した道路案内
  • 写真の「テキストの認識表示」機能(Live Text)
  • 写真の「画像を調べる」機能(Visual Look Up)
  • 天気アプリのバックグラウンドアニメーション
  • オフラインで動作するオンデバイスキーボードの音声入力
  • ウォレットの鍵対応

iPhone 7またはiPhone 8以降で利用できる機能

iOS 15の対応機種iOS 14と同じ。iPhone 6sや初代iPhone SEでもアップデートできるが、古い機種ほど利用できる機能は制限されてしまう。

  • ダイナミックヘッドトラッキングに対応した空間オーディオ:iPhone 7以上で動作
  • ヘルスケアアプリの「歩行安定性」機能:iPhone 8以上で動作
関連情報
カテゴリiOS 15
更新日2021年06月16日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索