「iOS 7」の普及率が80%に達したことが明らかに!

iOS 7
iOS 7」は未完成なOSだ。操作性などが考えぬかれている印象を受けない上に、バグだらけで正直使いものにならない。個人的にはJailbreakした「iOS 6」の方が圧倒的に便利だと思う。

ただ、世間はそのようなことをあまり気にしないのか、多くの人が次々と乗り換えているようだ。1月26日までの7日間の期間中、App Storeにアクセスしたデバイスの統計データによると、iOS 7」の普及率が80%に達したことが明らかになった!

まだ「iOS 6」が17%もいることを忘れてはいけない

リリース初日だけで普及率が13%に達した「iOS 7」だが、その勢いは続き、現在ではほとんどの人が「iOS 7」を使っているということになる。

ただし、一方で「iOS 6」を使っている割合が16%もいるということは特筆するべきではないだろうか。最新OSが普及すれば旧OSの対応をせずに済むのは嬉しいが、現状ではまだまだ「iOS 6」を切り捨てるにはあまりにもパイが大きすぎると言えるだろう。

(via Cult Of Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法