「OS X Mountain Lion」に乗り換える前にチェック!サードパーティアプリの対応状況が確認できるサイト

mountain lion

新しいOSにアップデートする時に慎重にならなければならないのは、普段使用してるアプリケーションとの互換性

気になる、記になる…サードパーティアプリのMountain Lion対応状況をまとめているサイトRoaringApps」が取り上げられていたので、紹介しておく!


情報量はまだまだ少ないが、発表され次第随時更新されていくと思うので、「起動しなくなるのは困る!」というアプリがある人はアップデートを適応する前に更新を待った方がいいかもしれない。緑色のアイコンが対応済、青は未確認、黄色は動作に一部問題有り、赤は非対応を意味している。

ちなみに僕が普段使っているアプリケーションの対応状況は以下の通り:

  • 1Password:対応済
  • Adobe Fireworks CS 5.5:未確認
  • Skitch:未確認
  • Todo:未確認
  • ImageOptim:未確認
  • Reeder:対応済
  • Microsoft Office 2011:対応済
  • CotEditor:未確認

ほとんどが未確認だっただが、アプリがリストに載っていない、ということがなかったことに関心した。どうやって集めているのだろうか…。

RoaringApps」は以下からどうぞ!

App Compatibility Table – RoaringApps – App compatibility and feature support for OS X & iOS
http://roaringapps.com/apps:table

「OS X Mountain Lion」に関する関連記事は以下からどうぞ!

心の準備を!「OS X Mountain Lion」の発売日が本日7月25日だと正式に発表! | gori.me
UIで見る、Mac OS Xの進化!「Cheetah」が「Mountain Lion」になるまでの軌跡 | gori.me

(via 気になる、記になる…

もっと読むmacOSまとめ
あわせて読みたい